1. ムダ毛処理グッズ特集TOP
  2. ムダ毛処理Q&A
  3. 手作り豆乳ローションで失敗しないために!正しい作り方とその効果

手作り豆乳ローションで失敗しないために!正しい作り方とその効果

豆乳ローションって家庭でも簡単に手作りすることができるんです!作り方は簡単なのに、効果があるって嬉しいですよね。
ここではそんな豆乳ローションの作り方、そして正しい使い方をご紹介しますので、興味のある方は是非ご覧ください!

正しい豆乳ローションの作り方とは?

抑毛ローションとして日本中に広まった豆乳ローションですが、簡単に家庭でも作ることができます。
その作り方をご紹介しましょう!

材料は成分無調整豆乳とレモン1個、それに消毒用エタノールという、たった3つの材料だけなんです。

作り方の手順として、まずレモンは絞って果汁にしておきます。
この時、皮の油分が果汁に入らないように気をつけて下さい。

次に豆乳を湯煎して温めます。
温度は65度ほどで、全体が温まったらレモン果汁を入れます。

レモンを入れることで分離が始まりますので、その後湯煎から外し、消毒用エタノールを入れてかき混ぜます。

手で触れるくらいまで温度が下がったら、ザルにキッチンペーパーかガーゼ布を敷き、豆乳液を流し入れます。

最終的にはペーパーの中の水分が全部落ちたら、その落ちた水分が豆乳ローションとして出来上がりです!

作り方のポイントとしては、豆乳の温度を上げ過ぎないこと、エタノールは可燃性なので必ず火を止めてから入れること、出来あがりが透明の薄いレモン色になったらOKです。

正しく使わないと効果なし

せっかく手作りした豆乳ローションも、正しく使わないと効果が無くなってしまいます。

まず豆乳ローションの正しい使い方としては、朝晩1日2回塗ることを忘れないようにしましょう。
その際には、2回、3回と重ね塗りすることをおすすめします。

また、除毛クリーム家庭用脱毛器でムダ毛処理をした後に使うと、美肌効果が上がり、次に生えてくるムダ毛が薄くなっていくはずです。

そして、使用する際には肌を清潔にしておきましょう。
どんなに良い成分が入っていても、肌自体に汚れがついていたり、油脂で毛穴がふさがっている状態では、豆乳ローションは浸透してくれないので注意しましょう。

手作りしたものであれば、材料集めから自分で選んでいるわけですから、体にも安心ですよね!
ぜひ、正しい使い方をマスターしてくださいね。

豆乳ローションって本当に効果あるのか?

豆乳ローションの効果、それは豆乳に含まれる成分、大豆イソフラボンが関係しているんです。

この大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た性質を持っていて、肌を美しくしたり、ムダ毛の原因である男性ホルモンの働きを弱くする効果があるんです。

そのため、1日に2回肌にシッカリと含ませることで、ムダ毛の根本的な原因を弱めるということなんですね!

まずはどんなムダ毛処理グッズが人気なのか?をチェックしてみてください

スポンサードリンク

手作り豆乳ローションで失敗しないために!正しい作り方とその効果に関連するコンテンツ一覧